海外のインテリアの雑誌を参考にし、壁紙もカーテン、クロスも業者にお願いして見本をもってきてもらい、実際に住宅にもって入りイメージしながら決めました。なんだか合わないと思ったら変更もききましたし、イメージするより実際に家にもって入り決めたほうが失敗は少ないですね。

 

芸能人がDIYでおしゃれな部屋に模様替えをしているのをテレビや雑誌などで見たことをきっかけにDIYを自分でしてみたいと思う人が増えています。

 

賃貸契約の部屋でDIYをするときに気をつけることが必要なのが原状回復できるようにDIYをすることです。そのため、壁に傷がつかないような、すぐにはがせる壁紙を利用したり、釘を壁に打ち付けないようなDIYをすることが肝心です。

 

好きなアイテムをいろいろ使ってDIYをするとまとまりのない雰囲気の部屋になってしまいがちです。やはりまとまりのある雰囲気の部屋のほうがおしゃれな部屋になりやすいです。

 

そのため、DIYをするためのアイテムを選ぶ際には、どういう部屋にしたいか具体的なイメージを持って色や形を決めるといいです。例えば、シックな大人の雰囲気の部屋にしたいときは黒いアイテムを多く使って部屋全体をまとめると見栄えがする部屋になります。

 

また、DIYに慣れていない人はいきなり大掛かりなDIYにチャレンジするよりも小物を使ったDIYをしてみると上達しやすいです。

 

うちはずっと憧れていた輸入住宅でマイホームを建てました。海外の家のような雰囲気の家にしたかったので輸入住宅を選びました。家具もアンティーク風の家具をそろえていましたので、家具に合うように内装も自分で決めました。

 

すべてイメージを作り、自分で写真にし業者にこういったインテリアにしたいと伝えました。それでも業者の方はプロなので、ここは変更したほうがいいと意見も言ってくださりとても親身になって一緒に考えてくれました。

 

おかげで満足のいく内装に仕上がっています。海外のテレビに出てくるような洋風なインテリアです。家具も何年たっても色あせないような素敵な仕上がりになりました。

PR|seoリンク|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|健康に役立つ口コミ情報|お小遣いNET|クレジットカードの即日発行じゃけん|AGAでお悩み解決|生命保険の口コミ.COM|エステサロンを上手に利用する情報サイト|工務店向け集客ノウハウ|ゴミ屋敷解消Q&A|カウンセリングのお悩み解決サイト|注文住宅のための用語集