キムチはやはり、日本がイチバン

韓国といえば、グルメの国ですよね。かくいう私も本場の味を堪能すべきプランを練り、出かけました。

韓国の代表グルメ、焼肉は大満足だったのですが、もうひとつのお楽しみ、キムチが予想とは大きく異なっていました。

辛さと魚介のダシの効き方は、さすが本場と納得できたのですが、コク、旨みが足りないように感じました。

あとをひく旨みが感じられないせいか、全体的に味も薄く、スッキリしすぎた印象を受けました。

キムチは、ホテルの朝食とお食事処、屋台など、合計五度ほど異なるものを口にしましたが、どれも似たりよったりで、国民的な味覚の違いかもしれませんが、少し残念な気持ちで、韓国を後にしました。

同時に、日本の業者さんは、日本人が好む味覚に上手に改良されておられるのだな、と改めて感心させられました。

豚キムチやキムチチャーハン、夏は冷麺、冬はキムチ鍋など、今や日本の食卓では欠かす事の出来ない食材となっているので、これからも、日本のキムチに期待したいと思います。

MY2-Link|女性の人生|相互リンク募集サイト|心の童話|V20|相互リンク募集中|童話集|オーディオ|SEO|全身脱毛 どこがいい|PageRankExpolreオ|相互リンク|ページランク別相互リンク集|seoリンク|